婚約指輪を男性一人で選ぶためのサイト

サプライズのために!

男性一人で婚約指輪を選ぶまとめ

男性がサプライズのために婚約指輪を買う場合、お店やデザインなどは一人で選ぶことになります。そんな男性のサプライズを成功に導くための、婚約指輪の選び方のコツやブランドの決め方などを紹介しています。またダイヤモンドの大きさや品質に関する基礎知識、予算や価格について、デザインの決め方などについても幅広く解説。

Question.1 婚約指輪が給料3ヶ月分って本当?

36万円という金額は、あくまで平均

婚約指輪の金額といえば「給料の3か月分」と、誰もが耳にしたことはありますよね?こういったイメージから、高額な指輪の購入を考えている方も少なくないのではないでしょうか。しかし、それも一昔前の話。実際には「みんなのウェディング」のアンケートによると、平均購入金額は「35.9万円」すなわち、約36万円であるという結果が出ています。給料の3か月分という認識も変わりつつあり、現代においてはあまり現実的な価格ではなくなっていることが分かります。また、36万円という金額は、あくまで平均であることを忘れてはいけません。必ずしもこの額に近くなくてはいけない、という決まりは当然ありません。結婚が決まったあとは、指輪以外にもさまざまな費用が必要になるもの。あまり価格の高さにはこだわりすぎず、自分の予算の範囲内で、無理のない価格のものを選ぶようにしましょう。

Question.2 ダイヤの大きさはどれくらいがいい?

平均的には0.25~0.3カラット

婚約指輪のデザインはソリティア、サイドストーン、フラット、エタニティの4種類に大きく分かれます。婚約指輪の定番で、宝石を一粒あしらったソリティアは一番人気。女性が憧れる指輪の形といってもいいでしょう。メインの石の両側に小さなメレダイヤをあしらったサイドストーンは、華やかな印象を求める方にぴったり。婚約指輪を普段使いしたい方には、厚みがあるリングにダイヤを埋め込んだフラットタイプがオススメです。同サイズ・同カットのダイヤを一面に散りばめたエタニティタイプは、そのゴージャスさから多くのカップルを魅了しています。ただし、エタニティタイプはサイズ直しが効かないため、サプライズで贈る婚約指輪としては避けた方が無難といえるでしょう。

4C
ダイヤモンドの美しさや品質は、「4C」という4つの項目を基準に決まります。つまり単にサイズが大きければ、いいダイヤモンドであるとは限らないのです。それぞれの基準の名称の頭文字をとって、4Cと呼ばれます。
カラット
キャラットとも呼ばれており、ダイヤモンドの重量を表します。また、カラットによって直径も異なり、1カラットは直径が約6.5mmと定められています。
カット
ダイヤモンドの原石はカットを施すことによって、美しさを増していきます。このカットの技術や仕上がり次第で、ダイヤモンドの質は大きく変わります。「Excellent」など5段階の評価基準を設けています。
クラリティ
ダイヤモンドの中にある、不純物の量・大きさ・位置などによって決まる基準。最高を「FL」とし、「VVS1」「VVS2」「VS1」「VS2」「SI1」「SI2」「I1」「I2」「I3」の順に透明度が評価されます。肉眼だけでは判断がつかないため、ある程度の妥協は可能な基準です。
カラー
ダイヤモンドは無色透明であるほど、その価値と品質が高くなります。アルファベットのDから順に透明度が高く、Zがもっとも黄色がかった価値の低いものとなります。このようにダイヤモンドの色をもとに決まるのがカラーです。

Question.3 どんなお店で買えばいいの?

婚約指輪にもブランドが3種類ある

婚約指輪・結婚指輪のブランドといってもさまざまな種類があり、「海外の人気ブランド」、「国内ジュエリーブランド」、「ブライダルジュエリーの専用ブランド」の3種類に分かれています。海外の有名ブランドはもちろん、国内ブランドでも高級ジュエリー店であれば婚約指輪は高額となってしまいます。このため予算によっては、理想サイズのダイヤモンドを買えないというケースも。もし彼女が高級ブランドにこだわるタイプでなければ、ブライダルを専門とするブランドをおすすめします。同じサイズや同じ品質のダイヤでも、高級ジュエリーブランドと比べて安く購入でき、予算を抑えて品質の良い婚約指輪を手にすることが可能です。

海外の人気ブランド
男女共に、海外の有名ブランドに憧れている人は多いです。ティファニー、ブルガリ、カルティエ、グッチ、シャネルなどはもはや定番。婚約指輪以外(財布やネックレスなど)でも、女性から人気のファッションブランドが多めです。
国内ジュエリーブランド
定番の海外ブランド以外でも、日本国内には魅力的なブランドがたくさんあり、国内の百貨店などでも広く扱われています。日本人ならではの高い技術や、伝統技術などを生かした婚約指輪が見つかります。4℃、スタージュエリー、MIKIMOTOなどが有名です。
ブライダルジュエリーの専用ブランド
婚約指輪と結婚指輪を専門としているブランド。ファッションジュエリーも扱っているほかのブランドよりも認知度は低めですが、宣伝費があまりかかっていない分価格が安い傾向にあります。銀座ダイヤモンドシライシ、SELEXIA、アイプリモなどがあります。

Question.4 どんなデザインを選ぶべき?

婚約指輪・結婚指輪のデザインは4種類ある。

婚約指輪のデザインはソリティア、サイドストーン、フラット、エタニティの4種類に大きく分かれます。婚約指輪の定番で、宝石を一粒あしらったソリティアは一番人気。女性が憧れる指輪の形といってもいいでしょう。メインの石の両側に小さなメレダイヤをあしらったサイドストーンは、華やかな印象を求める方にぴったり。婚約指輪を普段使いしたい方には、厚みがあるリングにダイヤを埋め込んだフラットタイプがオススメです。同サイズ・同カットのダイヤを一面に散りばめたエタニティタイプは、そのゴージャスさから多くのカップルを魅了しています。ただし、エタニティタイプはサイズ直しが効かないため、サプライズで贈る婚約指輪としては避けた方が無難といえるでしょう。

Question.5 最低限、確認しておくべきことは?

サイズ直し/アフターケアが可能なデザインとお店を選ぶ

せっかくプレゼントしたのにサイズが全く合わなかった、デザインが気にいらなかった、ということにならないよう、購入前から最低限のリサーチは必要です。とはいっても、サプライズで渡す場合はサイズをダイレクトに聞きづらいもの。彼女の友達に聞いたり、寝ている間にこっそり測ったりといったいくつかの方法を考えましょう。万が一サイズが合わなかったときでも、サイズ直しなどのアフターケアが可能なデザインとお店を選ぶことも重要です。好きな色、好きなブランドなどは、さりげなく聞いてみるのもいいでしょう。彼女が普段からアクセサリーをつけている人であれば、デザインの傾向(シンプルか派手かなど)やブランドなどのチェックも忘れずに。

まずはお店にいってみましょう

婚約指輪の大まかな選び方や注意点が分かっても指輪を選ぶのは難しいことです。いきなり決めようとせずに、まずはお店に行ってみることをおすすめします。このとき、彼女の好みや予算などをスタッフさんに伝えて、2人にとってどのような指輪がベストなのか聞いてみましょう。経験と専門知識豊富なジュエリーのプロが、彼女の喜ぶ指輪を提案してくれはずです。いきなり購入させられたり、予算に合わない高い指輪をすすめられたりすることはありません。自分だけの知識で選ぼうとせず、プロのアドバイスを取り入れることも大切です。婚約指輪以外にも、サプライズに関する注意点はたくさんあります。「どうすれば彼女が喜んでくれるか」を考えながら、しっかりと計画を立てていきましょう。それでは2人の思い出に残るようなプロポーズを目指して、がんばってくださいね!